針脱毛(医療電気脱毛)の痛みと効果

針脱毛は、脱毛方式の中でもっとも古くからあるものです。医療電気脱毛と呼ばれているもので、医療行為に当たるので、サロンでは行えません。

 

毛穴に針を挿入し、そこに電気を通して毛の発生源を破壊するという方法なので、痛みは強いです。針を使うのでどうしても痛みは強くなりますが、痛いのは針を挿入するときより電気を通すときです。

 

通電時間が長いほど強い痛みを感じることになります。1本につき10秒ほど電気を流すので、それに耐えるのにかなりのストレスがあります。ただ最近では、針脱毛も進化していて、絶縁針脱毛の場合、通電時間が0.2秒〜1秒と短くなっているので、それほど強い痛みは感じにくくなっています。

 

とくに痛みを感じやすい敏感な場所については、麻酔をしてから行うケースもあります。針脱毛の効果は高く、数ある脱毛方法の中でも一番効果が高く、確実に永久脱毛効果が得られると言われています。

 

色素沈着を起こしている皮膚でも可能で、埋没毛やバストトップぎりぎりの部分などでも対処できます。レーザー脱毛では対応しにくい部分に適した脱毛方法で、薄毛や白髪などに関係なく、効率良く脱毛ができます。